台所の家事分担をする

家事において、トイレ掃除に力を入れている

うちには、5歳と7歳の男の子がいるので、トイレ掃除は頻繁に行っています。男の子がいる家庭ではどこもそうだと思いますが、便器の周りや便座など、すぐに汚れてしまいます。なので、急な来客があっても困らないようにと、毎日の家事において、トイレ掃除は朝必ず行うようにしています。そして、毎日行えば大変でもありませんし、週に1回など決めてやるよりは、はるかに時間の節約にもなると思っています。

私が家事において、トイレ掃除をきちんと行おうと思うのは、トイレというのは来客にとってその家の資質を測る場所となると考えているからです。建築雑誌から抜け出てきたような、おしゃれで人も羨む家に住んでいても、トイレが汚ければ、その家の価値はないに等しいものとなってしまいます。小さな家でも、トイレが綺麗なら、清潔で感じの良い家だなと感じます。なので、うちは男の子が2人もいるので大変ですが、毎日トイレ掃除を頑張っています。

今は、色々な香りの芳香剤も販売されており、トイレを爽やかな香りで包むこともできますが、私が一番好きなのは、トイレ掃除したばかりの時の漂白剤の匂いです。洗いたての洗濯物のようにとても清潔で、リフレッシュします。昔は、トイレ掃除をすればかわいい子が生まれるといったように、やはりトイレをきれいに保つことはとても重要な事だと思うので、これからも、清潔に、きれいに保つために毎日の掃除を欠かさないようにしようと思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2018台所の家事分担をする.All rights reserved.